Ryzen 5 3500で急なシャットダウンと再起動が起こる。自動OCが原因か

ハードウェア

Ryzen 5 3500を搭載したPCを使用していたところ、急にシャットダウンして再起動するという現象に遭遇しました。

OS: Windows 10
CPU: Ryzen 5 3500
M/B: ASUS B550-PLUS
電源: Corsair RM750X

どんな条件でこの現象が起こるのかまだわからないのですが、AMDの「Core Performance Boost」のせいではないかと考えています。

負荷時でもCPUの温度は高くないですし、その他マザーボード等の温度も問題なさそうでした。したがって、電圧が原因ではないかと推測。

自動OCでブーストした時の電圧がとにかく高い。
4.1GHzで1.4V!?

ということでBIOSの設定でCore Performance Boostを無効にし、CPUの周波数と電圧も手動で設定しました。

とりあえず1.25V・3.9GHzでいってみます。4.1GHzまでブーストさせず、1.4Vの電圧にならないようにということですね。

動的周波数がどうも安心できない。Cool’n’Quietってどうなんでしょうね・・・

結果・落ちなくなった

電圧とクロック周波数を固定したところ落ちなくなりました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました