ロジクール G512 Carbon RGB(タクタイル)を使ってみた感想

ハードウェア

ロジクールのゲーミングキーボード「G512r-TC」を使ってみた感想です。

スポンサーリンク

とにかくシンプル

余計な機能がほぼ無いと言っていいです。
ゲーミングキーボードは独自のスイッチがついていたりしますが、G512にはそういったものはありません。

テンキーはついていますがコンパクトです。
それなりに高級感があります。

台座(トップケース)はアルミ合金製でしっかりと安定感があります。

ライティングは専用ソフトウェアを使えば光り方をカスタマイズできます。光り方は若干暗い気がしますが、目には優しい。明るさの調整も可能です。
WASDだけ違う色にするとかも可能。

キーキャップの作りも悪くありませんが、キーキャップの予備が入っていなかったのはちょっと残念。(Corsairのキーボードには付属しています)

打感は良いですが、ストロークが深めなので人を選ぶ可能性があります。

キースイッチはMXではなくGXという自社製?の物が使われています。
タクタイルはクリッキーほどではないですがタイプ音がカチャカチャ鳴ります。煩くはないですが、静かな方が良い人は「リニア」を買うべきです。

欠点はファンクションキーです。
右のAltキーが無く、ファンクションキーになっています。
しかし、右のAltの位置にファンクションキーがあるのは結構押しづらいです。

評価:
3.8

ゲーム向けというよりもむしろ汎用のキーボードという印象です。
買って損はしないですが、FPSやMOBAのようなゲームのためのキーボードを探しているなら他の製品にした方が無難だと思います。

既に後継モデルがあるので注意

実は既にG512の後継モデルである「G513」が海外では発売されています。

したがって、G513を待ってもいい人はG512は避けた方が良いかもしれません。

Logitech G513 Backlit Mechanical Gaming Keyboard
Shop G513 Mechanical Gaming Keyboard. Designed for precision gaming with GX switch options, USB passthrough, palmrest, lightweight aluminum body & backlit keys

タクタイルのタイプ音

G512タクタイルスイッチの打鍵音を聴きたい方は以下の動画を見ると良いかもしれません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました