『鳴潮』サービス開始はいつ?CBT2を約1ヶ月遊んだ感想

鳴潮

アクションRPG「鳴潮」のクローズドベータテストを2月19日から3月17日までプレイしました。

PR

サービス開始はいつ頃?

現状、まだ日本語音声がついていなかったり、文章が実装されていない部分があったりと、未完成な状態です。

このことを考えると、もう一度ベータテストを行う必要があると思われます。

したがって、次のベータテストを下半期に実施するのであれば、どんなに早くてもサービス開始は2024年末。もしかしたら、2025年以降になる可能性も高いです。

これだけ時間がかかっているのは、一度ストーリーを作り直したからです。以前のストーリーを捨てて、新しいものを書き直したようです。

第2回CBTの感想

約1ヶ月の間、鳴潮を遊びました。

しかし・・・

全キャラを体験できなかった。

ガチャでないと入手できないので、ベータ内で体験できないキャラがいるのは大問題でした。

ちなみに、ゼンレスゾーンゼロのベータでは、★5キャラだろうと★4キャラだろうと好きなキャラを入手することができました。

肝心のベータテストの感想ですが

最初の1週間くらいはとても楽しかったです。

アクションの手触りも良いし、オープンワールドでいろんなパズルがあったり、ギミックがあったり、育成したり、飽きませんでした。

また、ローグライクのバトルコンテンツや、高難易度ボス戦のホロタクティクスなんかも面白かった。

ローグライクのやつは、キャラがめちゃくちゃ強化されて、とんでもないダメージが出せるので楽しいです。ただ、もうちょっとボリュームがあってほしい。

しかし、テストが2週間、3週間と進むにつれて、モチベーションがガタ落ちしました。

楽しさが徐々に失われていったような感じです。

目標が明確にあるので、序盤は育成のモチベーションは維持できるのですがキャラがあまり魅力的ではないんですよねこのゲーム。そこが問題。

戦闘にもっと爽快感があれば良かった。

コメント

タイトルとURLをコピーしました