【原神】『カーンルイア』に関するストーリーの考察。滅亡した理由

原神

カーンルイアは原神の世界にかつて存在した国。500年前に滅亡した。カーンルイアは『地下に隠されていた』とされる。

スポンサーリンク

カーンルイアが滅んだ理由

カーンルイアは500年前に天空の島(セレスティア)と神々によって滅ぼされました。

神々がカーンルイアを滅ぼしたのは、伝説の錬金術師「黄金」の研究が原因だとされています。

「黄金」と呼ばれたカーンルイアの錬金術師レインドットは、錬金術によって生命を誕生させる「黒土術」の研究をしており、人間を錬金術で生み出すことを目的とした「原初の人間計画」を進めていました。

アルベドは錬金術によって生み出された

カーンルイアは地下の国だったため、テイワットにいるような自然の生物がほとんどおらず、カーンルイア人は錬金術で生き物を作ろうとしました。人間が地下で生活できることは「淵下宮」が証明しています。

“黄金”レインドットは、生命を作るだけに飽き足らず、もっと強力な生物を錬金術で作りたいという願望を抱き、「ドゥリン」のような竜を作るまでになりました。

カーンルイアはテイワットの七国と異なり、統治する神がいません。カーンルイアは「神」ではなく「人」によって作られた国で、カーンルイアが地下にあるのは、神々に見つからないようにするためです。

カーンルイア人は「遺跡守衛」や「遺跡巡視者」「遺跡ハンター」のような兵器を発明したり、錬金術によって強力な生物を生み出せるまでに技術が発展し、天空の島の神々を転覆させようと企てました。

カーンルイアが戦いを仕掛けたのか、天理の調停者とテイワットの神々が先に仕掛けたのかはわかりませんが、500年前の戦争が起こることになりました。

レインドット達、カーンルイアの錬金術師によって生み出された錬金生物達がテイワットに侵攻し、七国で壮絶な戦いが繰り広げられました。黄金王獣などがその名残です。

カーンルイア人

ダインスレイヴ・・・カーンルイア宮廷親衛隊「末光の剣」。カーンルイアの生き残り

アルベド・・・500年前の戦争の後にレインドットの錬金術によって生み出された

レインドット・・・カーンルイアの錬金術師。生死は不明ながら、500年前の戦争を生き延びた。

道化・・・ファデュイ第一位の執行官。

ガイア・・・両親がカーンルイア人

ハールヴダン・・・宮廷親衛隊の一員。呪いによって黒蛇騎士となった

ヒルチャール, アビス教徒など・・・ヒルチャールやアビス教徒、シャドウハスクといったモンスターは呪いで姿を変えられてしまった元カーンルイア人達

コメント

タイトルとURLをコピーしました