ファイナルファンタジー14 (FF14) おすすめのサーバーはどこ?

新規プレイヤーが選ぶべきおすすめのFF14サーバーはどこ?

サーバーの状況は公式サイトで確認

下記サイトでサーバーの状況がわかります。「混雑」になっているとそのサーバーにはキャラクターが作れません。

FINAL FANTASY XIV, The Lodestone
FINAL FANTASY XIV公式プレイヤーズサイト「The Lodestone」です。
スポンサーリンク

最優先すべきは知り合いがいるサーバー

サーバー選びの前に、知り合いがいるサーバーは最優先です。
結局、「知り合いがいるサーバーに引っ越す」という人もかなりいますので、無駄金を使わないためにも知り合いがいるサーバーを優先しましょう。

候補1:人口が多いサーバー

  • チョコボ(Chocobo)
  • バハムート(Bahamut)
  • マンドラゴラ(Mandragora)
  • シンリュウ(Shinryu)

これらのサーバーは、FF14を長くプレイしている人がたくさんいて、なおかつ人口も多いサーバーです。人口が多いので活気があります。
しかし、混雑時にはログイン待ちをさせられたり、ハウスの土地の入手が難しいというデメリットもあります。
また、これらのサーバーはManaデータセンターあるいはGaiaデータセンターなので、日本人が大半を占めています。

候補2:平均的なサーバー

  • アスラ(Asura)
  • イクシオン(Ixion)
  • アニマ(Anima)
  • タイタン(Titan)

Manaデータセンターは人気があります。
そんなManaデータセンターの平均的なサーバー群もおすすめです。
人口過密ではないので土地も入手しやすい。
ある意味最も初心者におすすめのサーバーかもしれませんが、常に人が多い方が良いという人は候補1のサーバーを選んだほうが良いかもしれません。

知っておくべきこと

  • FF14のダンジョンやレイドは他のサーバーにいるプレイヤーとも一緒に遊ぶことができる
  • FF14には「サーバー間テレポ」という仕組みがあり、他のサーバーに遊びに行くことができる
  • FF14にはクロスワールドチャットがあり、他のサーバーのプレイヤーとチャットをすることができる
  • 「データセンター」は超えることができない
  • 一度キャラクターを作っても、現金を払うことでサーバーを移転できる

Tonberry及びElementalデータセンターについて

FF14の日本データセンター内で異彩を放つのが「Tonberry(トンベリ)」サーバーです。
圧倒的な人口を誇りますが、非常に特殊です。
Tonberryは、非公式アジア・オセアニアサーバーとなっています
英語や東南アジアの言語を話すプレイヤーが多数おり、異国情緒あふれる雰囲気となっています。

また、Tonberryからの派生でKujataあたりも海外プレイヤーが大勢おり、Elementalデータセンター自体に海外プレイヤーが多いです。
したがって、今回の記事ではManaデータセンターやGaiaデータセンターのサーバーを中心に選びました。

スポンサーリンク
FF14全般
クローズドアルファをフォローする
スポンサーリンク
クローズドアルファ

コメント

タイトルとURLをコピーしました