ニンテンドースイッチ 品薄の本当の原因。不自然な出荷停止はあの国のせい?

ハードウェア

Nintendo Switchが一時的に出荷停止になるようです。

任天堂がSwitchの国内出荷を一時停止との報道。渋谷のNintendo TOKYOは本日(4月8日)から休業
 任天堂が2020年4月7日までにNintendo Switchなどの国内出荷を一時的に停止したと,日本経済新聞(リンク)や朝日新聞デジタル(リンク)などが伝えている。これは,新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の拡大からくる生産の遅れ,そして休校措置などによるゲーム機の需要増が原因と見られている。  なお任天...

新型コロナウイルスで巣ごもり消費需要が増加したのは間違いありませんが、供給が追いつかない本当の理由は別にあります。

スポンサーリンク

中国向け転売需要

ニンテンドースイッチは中国でも発売されたにも関わらず、日本から大量に転売されています。

日本には中国の転売業者が多数存在しており、ニンテンドースイッチを定価以上で買い取っています。

下記の画像は中国業者が日本で買い取っているSwitchです

これらは中古品ではありません。全て新品です

信じられないかもしれませんが、数百万台規模のニンテンドースイッチが日本から中国へ流れています。

中国で日本のSwitchに需要がある理由

なぜ中国でもSwitchは売られているのに日本からの並行輸入品が売れるのか?と疑問を抱かれる人も多いでしょう。

中国は法律でSwitch含むゲーム機のソフトを厳しく制限しています。
Switchはわずか数本のソフトしか販売を中国政府から許可してもらっていません。
すなわち、中国版Switchでは遊べるソフトが非常に少ないのです。

Switchのソフトは中国で売られていなくても中国語対応

ニンテンドースイッチのソフトは中国で販売が許されていなくても、対応言語に中国語があることが多いです。
おそらくシンガポール等で需要があるためだと思われます。

日本から輸入されたSwitchの方が遊べるソフトが圧倒的に多いのを中国のゲーマーは知っています。
このため、中国人は中国版ではなく日本版のSwitchを買うわけです。

転売屋がSwitchを中国業者に売る構図

転売と聞くとヤフオクやメルカリを考える人も多いでしょう。

しかし、日本にいる中国の業者がかなりの高値でニンテンドースイッチを買い取ってくれるため、転売屋が家電量販店等で大量にSwitchを買い、それを中国業者に売り渡すという構図が出来上がっています。

1人1台と制限されていても、転売屋はお構いなしで何台も買います。

以前からこういった状況は続いていましたが、基本的に放置されていました。

任天堂からすれば国内の販売台数が増えるわけですし、日本の転売屋は簡単に利益を上げられる、中国業者は転売で儲かる。損しなかったわけです。

しかし、2020年の新型コロナウイルスで外出自粛+どうぶつの森発売という状況で通常の需要が大幅に増える一方、中国業者も買取価格を引き上げたため転売需要もさらに増えました。

Twitterを見ると、1人で40台のSwitchを転売したという報告があったりします。

中にはトラックで百台以上のSwitchを中国業者に売ったという人もいます。
これらは当然中国に流れます。

中国業者が大陸での転売のために「Switchを転売屋から爆買い」している。

日本市場向けの出荷数なのにそこに人口13億人の中国の需要も含まれてしまっているわけですから、品薄になって当然なのです。

  • Switchを買いたい日本人
  • 転売屋
  • 中国にSwitchを流したい中国業者

この3者がSwitchの争奪戦をしているというわけですね。

中国政府にとって都合が悪い?

転売に関連して、中国政府が看過できなくなっている可能性もあります。

香港のユーザーがどうぶつの森の中で民主化デモを始めたようで、Twitterにはガスマスクをつけたキャラクターのスクリーンショットや、香港の民主化を訴えるようなスクリーンショットが投稿されており、話題になっています。

当然ながら中国メディアはこれを取り上げることはしませんが、中国政府にとっては何かと都合が悪い可能性があります。

日本から中国に転売されているSwitchとどうぶつの森ですが、どうやらタオバオで販売禁止になった模様。

日本での出荷停止は中国政府が任天堂に通告をしたからという勘ぐりもできそうです。

中国での日本版Switchの転売が完全に禁止されるようになれば、日本での流通も正常化するのかもしれませんが・・・

コメント

タイトルとURLをコピーしました