【原神】魈の伝説任務第一幕「南柯の胡蝶、儺佑の夢」の内容をAIにわかりやすく教えてもらった【ストーリー解説】

PR
原神ストーリーまとめ

原神の魈の伝説任務・金翼鵬王の章 第一幕「南柯の胡蝶、儺佑の夢」のストーリーの概要をAIに教えてもらうコーナーです。

魈の伝説任務をプレイした後、あるいはプレイしながら、このまとめを読むことで、ストーリーへの理解が深まります。

AIがまとめた概要

金翼鵬王の章 第一幕「南柯の胡蝶、儺佑の夢」ストーリーの流れ

序盤

導入

旅人とパイモンは望舒旅館付近で、通常とは異なる邪気を放つヒルチャールに遭遇する。パイモンがその異変に気付き、被害を防ぐために退治しようと提案する。

プレイヤーはヒルチャールを倒した後、付近に人々が集まっているのを発見する。そこで、仮面をかぶった謎の人物がヒルチャールを恐れさせている場面に出くわす。この人物について調査を進める。

仙人「掇星攫辰天君」の登場

仮面の人物は「掇星攫辰天君」と名乗る仙人で、信者たちの願いを叶える力を持っているとされる。プレイヤーはこの仙人についての情報を信者たちから収集する。信者たちは皆、「掇星攫辰天君」による奇跡を体験し、感謝の念を抱いている。

プレイヤーとパイモンは掇星攫辰天君と直接会話し、彼の仮面の理由や彼が人々の願いを叶える方法について話を聞く。彼は人々の願いが実現に向かっていると述べ、プレイヤーにも願いを叶える提案をする。

願いの対価

プレイヤーは家族の行方を知りたいと願い、掇星攫辰天君はそれには対価が必要だと示唆する。パイモンとプレイヤーはお金ではなく、美味しい料理を提供することを考え、万文集舍に向かうことにする。

望舒旅館付近でさらに調査を行い、再び仮面の男と会話する。この人物が掇星攫辰天君であり、彼が信者たちにどのように接しているかを目撃する。

中盤

万文集舎での出来事
  • 旅人パイモンは、万文集舎で「掇星攫辰天君」を目撃する。彼が『護法仙衆夜叉録』という本を購入しているのを見て、パイモンは仙人が自分に関する本を買うのは怪しいと感じる。
  • 紀芳との会話で『護法仙衆夜叉録』を入手し、その内容を確認する。パイモンはこの本が今回の事件に関わる手がかりだと推測する。
望舒旅館での再調査
  • 再度望舒旅館付近に戻り、「掇星攫辰天君」と遭遇する。彼が「邪気」を纏ったヒルチャールと戦っているが、苦戦している様子。
  • 旅人パイモンはヒルチャールを倒し、「掇星攫辰天君」と再度対話する。
  • 「掇星攫辰天君」は「禁忌滅却の札」を使用したが効果がなかったことを告白。パイモンは彼が仙人であるかどうかに疑念を抱く。
  • 「掇星攫辰天君」が体調不良を訴え、戦いから退く。
  • パイモンはプレイヤーに「元素視角」を使ってヒルチャールを追跡するよう促す。
ヒルチャールの追跡と魈との出会い
  • 旅人パイモンは「元素視角」を使って「邪気」を纏ったヒルチャールを追跡する。
  • に出会い、彼が「妖魔」に憑かれた存在を片付けていることを知る。魈は「業障」の影響で魔物が変異していると説明する。
『護法仙衆夜叉録』と魈の過去
  • 旅人パイモンは、『護法仙衆夜叉録』に記された魈の過去について話す。魈はそれを「数百年前のくだらない物書きが書いた戯言」と一蹴する。
洞天に向かう
  • 魈は「業障」の気配が強くなっている洞天に向かうと言い、旅人たちも同行を申し出る。魈は渋々彼らを連れて行くことにする。
  • 洞天に到着すると、魈は「靖妖儺舞」を使って「業障」を断つ方法を説明し、集中するよう指示する。
  • 邪気に染まったヒルチャールを掃討する。魈は「掇星攫辰天君」について尋ねる。
魈の計画
  • 魈は、「禁忌滅却の札」が効果的でないことを指摘し、それを回収することを提案する。しかし、単に回収するだけでは足りないと指摘されると、魈は「夢遊諸境法」を使うことを決意する。
儀式の準備
  • 旅人パイモンは儀式の準備をするために、香炉、七星灯、霧氷花を集める必要がある。魈はこれらが手に入る可能性のある場所を教える。
  • 全てが揃い夜が来たら、「夜叉石像」で儀式を行うことを計画する。

終盤

儀式の道具の収集
  • 香炉を収集: パイモンが香炉を見つける。
  • 七星灯を収集: 次に七星灯を集めるよう指示。
  • 銅雀との出会い: 彫像(銅雀)が話しかけ、千年前に戦死した夜叉であることを告げる。彼は現代の璃月を見たくて幻影を作った。
  • 銅雀の消失: 道具を持って行ったことで銅雀の幻影が消えた。

掇星攫辰天君を呼び出す
  • 魂の呼び出し: 魈の指示に従い儀式を行い、掇星攫辰天君の魂を呼び出す。
  • 夢の中と勘違い: 掇星攫辰天君は最初、状況を夢だと思う。
  • 現実の認識: パイモンの行動で現実を理解し、仙人を偽っていたことを認める。
掇星攫辰天君の改心
  • 掇星攫辰天君の誓い: 掇星攫辰天君は仙人を偽っていたことを後悔し、今後の悪行をやめると誓う。
  • 「禁忌滅却の札」の回収: 望舒旅館で「禁忌滅却の札」を回収する。
最後のエピソード
  • 魈への報告: 魈に「禁忌滅却の札」を渡す。
  • 「銅雀」を偲ぶ: 魈が「銅雀」が好きだった料理「螭虎魚焼き」を注文し、彼を偲ぶ。

この伝説任務からAIが考える魈の人物像

  1. 責任感の強い守護者:
    • 魈は璃月の守護者であり、千年以上にわたり妖魔と戦ってきた。そのため、彼は璃月とその人々を守ることに強い使命感を持っている。
  2. 孤高で苦悩する存在:
    • 魈は他の夜叉が戦死してしまったことを悔やみ、自分が唯一生き残っていることに罪悪感を抱いている。彼は「降魔大聖」としての役割を全うする中で、多くの苦しみを抱えている。
  3. 寡黙で実直:
    • 魈は無駄な言葉を避け、必要なことだけを話す寡黙な性格である。また、彼の言動は常に真剣であり、責任感と誠実さが感じられる。
  4. 他者への思いやり:
    • 魈は同じ夜叉であった銅雀のことを大切に思っており、彼の命日には銅雀の好きだった食べ物を注文するなど、彼への思いを忘れない。また、偽仙人に対しても最終的には更生の機会を与える寛容さを見せている。
  5. 伝統と儀式を重んじる:
    • 魈は古代の儀式や仙法に詳しく、それを正しく行うことの重要性を強調する。彼はこれらの伝統を尊重し、それを実行する際の厳格さを持っている。
  6. 戦士としての冷静さと強さ:
    • 戦闘においても冷静であり、敵に対して容赦ない態度を見せる。彼の力強さと戦闘技術は非常に高く、その存在自体が威圧感を与える。

これらの要素から、魈は璃月の守護者としての役割を果たす中で、孤独と苦悩を抱えながらも、強い責任感と誠実さを持ち、他者への思いやりを忘れない人物像が浮かび上がります。彼の存在は璃月にとって非常に重要であり、彼の行動と信念は人々に深い影響を与えていることがうかがえます。

created by Rinker
エーペックス(Apex)
¥25,800 (2024/06/22 12:26:46時点 Amazon調べ-詳細)

コメント

タイトルとURLをコピーしました