【原神】4.0新紀行武器はどれがおすすめ?評価【源水紀行】

原神

原神のVer4.0で実装される新たな紀行武器はどれがおすすめ?誰に持たせると良いか。

現時点でのおすすめは「片手剣」「長柄武器」が2トップで、次点が「法器」です。

「両手剣」は将来実装されるキャラクターに適している可能性があります。

※おすすめの理由はページの一番下で紹介します

狼牙

片手剣

基礎攻撃力:510
会心率:27.6%

元素スキルと元素爆発のダメージ+16%。元素スキルが敵に命中した時、元素スキルの会心率+2%。元素爆発が敵に命中した時、元素爆発の会心率+2%。上記二つの効果はそれぞれ、継続時間10秒、最大4層まで重ね掛け可能、0.1秒毎に1回のみ発動できる。

評価:S

おすすめキャラ:神里綾人、神里綾華、アルハイゼン、刻晴、旅人(水)

フィヨルドの歌

長柄武器(槍)

基礎攻撃力:510
会心率:27.6%

チーム内に異なる元素タイプのキャラクターが3名以上いる時、元素熟知+120。

評価:S

おすすめキャラ:セノ、胡桃、魈

話死合い棒

両手剣

基礎攻撃力:565
会心率:18.4%

炎元素を付着させられた後の15秒間、攻撃力+16%、12秒毎に1回のみ発動可能。水元素、氷元素、雷元素または草元素を付着させられた後の15秒間、全元素ダメージ+12%、12秒毎に1回のみ発動可能。

評価:B

おすすめキャラ:北斗、ディルック

古祠の瓏

法器

基礎攻撃力:454
会心率:36.8%

待機時間が5秒を超えている場合、HP上限+32%、元素熟知+40。装備者が登場し、10秒間フィールドに残った後、この効果は解除される。

評価:A

おすすめキャラ:ヌヴィレット

烈日の後嗣

基礎攻撃力:565
会心率:18.4%

重撃が敵に命中した後、命中した敵に陽炎の矢を降らせ、攻撃力60%分のダメージを与える。陽炎の矢によるダメージを受けた敵に10秒継続する灼心状態を与える。灼心状態にある敵に対して、装備者の重撃が与えるダメージ+28%。陽炎の矢は10秒毎に1回のみ発動可能。

評価:A

おすすめキャラ:リネ、ティナリ、甘雨

PR

おすすめの理由

片手剣は無条件で元素スキルと元素爆発のダメージが増加するのが強力です。

槍は異なる元素タイプの3キャラがパーティに含まれていると元素熟知が120も増加します。元素熟知の恩恵が大きいセノのようなキャラクターに向いています。

弓は完全な重撃アタッカー向けです。基礎攻撃力は高いですが、会心率が低いです。片手剣や槍ほどの汎用性はありません。

両手剣は非常に特殊でまだよくわかりません。おそらく自分自身に元素が付与されると効果が発動されるようですが、現状この効果に適しているキャラクターはほとんどいません。ベネットや心海、行秋と組むと両手剣キャラ自身に元素が付与され効果が発動できるはずです。

法器は高い会心率に加えて、HP上限と元素熟知が増加する効果もついています。現状、会心率アップとHP上限増加効果の両方を活かせる法器キャラがいませんが、法器でHP基準のキャラが将来実装されればかなり強いかもしれません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました