【FF14】 「一騎打ち」クリア称号が「絶」のクリア称号より価値がある理由

FF14全般

10月13日にファイナルファンタジーXIVに実装された「南方ボズヤ戦線」には、『一騎打ち』と呼ばれるコンテンツがあります。
インスタンス内にいるプレイヤーがたった1人だけでボスと対決するというものです。

この「一騎打ち」の3種クリア称号「Sword of the South」は、絶レイドのクリア称号(Legend等)よりも遥かに価値があります。

1種では無価値です。3種全て倒して得られる「Sword of the South」に価値があります。


その理由について説明します。

スポンサーリンク

一騎打ちの称号が絶称号より価値がある理由

1.いつでも一騎打ちに参加できるわけではない

一騎打ちに参加するには、発生条件となるクリティカルエンゲージメントをノーミスかつ高い与ダメージでクリアする必要があります。

その上で、参加申請したプレイヤーの中から「抽選」で一騎打ちをするプレイヤーが選ばれます。

したがって、実力と運の両方が必要になり、好きな時にいつでも一騎打ちができるわけではありません。サーバー全体での参加可能人数も限定されると言えるでしょう。

参加条件となるクリティカルエンゲージメントに少人数しか参加していなければ高確率で一騎打ちに挑めますが、必ずしもその状況に遭遇できるとは限りません。

一方、絶レイドはメンバーさえ揃えば好きな時にプレイできます。

↓のまとめサイトの記事でも、一騎打ちに中々参加できないという声が多く上がっていることがわかります。

【FF14】ボズヤガチ勢「準備も予習も完璧なのに一騎打ちCEに当選できない!開幕瞬殺される人なんなの!」 ← 閉鎖島なら当選しやすいらしいぞ! : 馬鳥速報

いつでも参加できるわけではない、なおかつ挑戦権を得られるかどうかは運次第というのは称号のレアリティを上げることに繋がります。

2.練習が気軽にできない

練習で数え切れないほど死亡と全滅を繰り返して覚える絶レイドと異なり、一騎打ちは練習がほとんどできないコンテンツです。

もちろん参加権を得られれば練習ができますが、そもそも他に参加希望者がいた場合は抽選に勝つ必要もあり、一騎打ちは練習することが事実上できないコンテンツだと言えるでしょう。

クリア動画等を見ればボスのパターンを予習することは可能ですが、実戦で必ずその通りに動けるのかはプレイヤー次第です。

超長期的には何度も参戦して慣れるということも可能になるでしょう。しかし、先述の参加条件の関係があるので他のコンテンツよりは遥かに慣れるまで時間がかかるでしょう。

3. 代行業者の割に合わない(代行しづらい)

おそらくこれが最大の理由です。1・2は補足に過ぎません。

絶レイドは今や代行クリアが蔓延しており、称号をつけていても本当に実力でクリアしたのかどうかは他人にはわからないという惨状です。

代行業者に金さえ出せば称号も武器も得られる。それが「絶」です。

一方、一騎打ちの称号は代行業者に「やってみろ」と言いたくなるほど割に合わないものです。

まず、一騎打ちに絶対に参加できるかどうかもわからない、いつでも参加条件が整うわけではない、その上簡単なコンテンツではないため失敗する可能性がある。
今後、さらにライバルとなりそうな一騎打ち参加希望者は増えるでしょう。
クリア済みでも暇つぶしに一騎打ちをやりたいという人がいないとは限らない。
代行業者からすれば、どのくらいの期間で3種類の一騎打ちを全てクリアできるのか予想ができない。

誰か1人くらいは代行をしようとする輩が出てくるかもしれませんが、誰かの代わりに一騎打ち3つをクリアするというのは、少なくとも現段階ではかなり骨の折れる仕事です。気軽に「一騎打ち3種クリアの称号取得を代行します」と言える輩はほとんどいないでしょう。

単純に3つの一騎打ちをクリアして称号を取得するという事は代行屋もやろうと思えばできるでしょうけれど、果たしてそれが割に合うのかどうか。
絶レイドの場合、クリアできる人が8人集まれば好きな時に1日で代行ができてしまいます。また、時間的拘束も一騎打ち3種より遥かに少なくて済みます。

ほとぼりが冷めて、ボズヤから人がほとんどいなくなった頃には一騎打ちへの挑戦はしやすくなりますが、もう誰も興味が無くなっていますので代行を頼む人もほとんどいなくなるでしょう・・・。

上記3つの理由により、絶よりも難易度自体は低いはずの「一騎打ち」の方が、そのクリア称号の価値は高いと判断できます。
「Sword of the South」の称号をつけている人がいたら称賛してあげましょう。

3種類クリアでなければならない理由

一騎打ちどれか一つだけクリアの価値はおそらく零式クリアと同等かそれ以下です。大したことありません。特にガブリエルは他の2つとは比較にならないほど簡単です。

3つ全てクリアし「Sword of the South」の称号を得て初めて価値が出ると言えます。

というのも、3つの一騎打ちの難易度がバラバラであり、なおかつその参加条件となるエンゲージメントの難易度も差異があるからです。どれか1つだけに絞ると入手難易度が格段に下がるためです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました