『22/7 (ナナニジ)』の隠れた良曲・名曲 5選!

エンタメ

アイドルユニット「22/7(ナナブンノニジュウニ)」の楽曲はアイドルっぽさがないウェットな曲が多いです。そのためか、なかなかの名曲揃い。

この記事では、22/7の「隠れた名曲」を紹介します。

表題曲は除く

スポンサーリンク

韋駄天娘

表題曲以外だと22/7屈指の名曲だと思います。表題曲にしてもいいくらい。
韋駄天娘というタイトルもかなり面白いですし、疾走感があってノリの良い曲です。
なんといっても歌詞がユニーク。気になる歌詞。
秋元氏の曲に多い印象のある男女のすれ違いの詩ですが、この曲の中では「韋駄天娘」からの返答は全然わからないのがまた面白い。
愛情が醒めたのではなく、感情の向きが変わったか?」というフレーズはかなりインパクトがあります。

22/7 【振付映像】『韋駄天娘』

作詞:秋元康
作曲:大塚剛毅

created by Rinker
¥250 (2021/04/10 13:04:36時点 Amazon調べ-詳細)

Rain of lies

サビで曲調がガラッと変わるトリッキーさとアップテンポなサビのハモり方が綺麗。

Aメロだけ聴いたらかなり重々しい雰囲気を受けるのですが、メリハリがあってとても聴き応えがあります。サビはアップテンポですが、歌詞はとても詩的で情緒が溢れています。

作詞:秋元康
作曲:大凪樹

created by Rinker
¥250 (2021/04/10 16:55:11時点 Amazon調べ-詳細)

とんぼの気持ち

歌詞があまりにも鮮烈。
この曲の主人公は大人になり社会に出るが、全く希望を見出すことができず、フラフラと飛んでいるとんぼよりも自分はちっぽけな存在、軽い命なのだと感じるという話です。

タイトルだけ見ると、トンボの心情を歌っているように感じますが、実際はトンボの心情が歌われているわけではないというのも面白い所。救いがないように思えるものの、青春時代特有のものとも解釈できます。

曲自体は穏やかなAメロから始まり、サビにかけて盛り上がる非常に美しい旋律、特にバイオリンが印象的です。

「とんぼの気持ち/22/7」の歌詞 って「イイネ!」
「学校卒業するまでずっと」勇気をもらったり、泣けたり、癒されたり…、この歌詞をチェックしてみて!人の心を打つ「言葉」がぎっしり!

歌詞:秋元康
作曲:渋谷直弘

created by Rinker
¥250 (2021/04/10 07:11:57時点 Amazon調べ-詳細)

循環バス

全体的に完成度が高い曲だと思います。特にサビのメロディラインが秀逸でした。キャッチーで耳馴染みが良い。
センチメンタルで暖かさのある曲ですが、22/7では特にアイドルソングらしい印象。

一切奇をてらうことのない正直な歌詞はとても耳に残ります。

作詞:秋元康
作曲:豊田健甫
編曲:古川貴浩

22/7 【振付映像】『循環バス』
created by Rinker
¥250 (2021/04/10 07:11:58時点 Amazon調べ-詳細)

未来があるから

他の曲もそうなのですが、コーラスに男性っぽい声を使っているのが面白いです。この曲は特にその傾向が強い。この曲はサビのコーラスの分厚さが特徴です。

22/7らしい曲ではないかと思います。
訴えかけてくるような歌詞はフレーズ全体に力強さがあります。

22/7 【振付映像】『未来があるから』

作詞:秋元康
作曲:湊貴

created by Rinker
¥250 (2021/04/10 07:11:59時点 Amazon調べ-詳細)

総評・・・というか感想

秋元康プロデュースの他のグループもそうですが、22/7の曲はボーカルのハーモニーを重視しており、1人1人の個性はそこまで出ていません。
しかし、この調和の取れたコーラスはどれも素晴らしいです。

表題曲以外にもかなりの名曲が揃っていて驚きました。

22/7の楽曲の曲調や歌い方は、あまりアイドルポップが好きじゃない人でも聴けるという印象です。少なくとも自分はそうでした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました